上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008061816400001_convert_20080623091209.jpg

見に行きましたよ~
これは、泣ける!!
バガボンドは絶対読んで行くべし!
私は後半読んでなかったからちょっとわからないところがあって悔しかった...
けどそれでも泣けますわ!すばらしい~

なんとなく個人的に、最近の井上さんはすごくアーティスティックで気難しいイメージを持ってしまってあんまり好かなかったのですが、
なんというか、やはり素晴らしいですよね。
漫画描いてるうちに、目覚めちゃったんだろうな~
今この展示会の準備段階をまとめた図録、三日月編が出てるんですが、
この展示物すべてまとめた一冊、満月編は会期後に出るとのこと。
あの展示をどうやって本にまとめるのか。
すごく気になるし、出たら欲しいな~

ま、とにかく口では表せません。
素ん晴らしかったです!

井上雄彦 最期のマンガ展 -FLOWER-
スポンサーサイト
2008.06.23 / design /
design festa

行って参りました、デザインフェスタ vol.26!!!
デザインフェスタに行くのは久しぶり、っていうか何年ぶり??
あいかわらずの熱気ぶりでした。文化祭みたい。

今回は雑貨関係が私的にお気に入りが多かったです。
指輪も一個買っちゃったv
クオリティーが高いのはもう周知の事実な感じ。
面白いのが店を出している人が結構年代広いんですよね。
若い学生から奥さん(と子ども)、おじいちゃん、おばあちゃんまで。
ものすごい若いと思いましたよ。
見に来る人より見せ出してる人の方が楽しそうなのも
このイベントの特徴でしょうか(笑)

なんでもありなカオスの空間に久々に行って刺激を受けまくってお疲れです。
楽しかった!
今日は六本木の森美術館に行ってきました。
やっていたのはコルビジェ展とねむの木のこどもたちとまり子美術展
建築やってるものとしては一応チェックということで(笑)行って参りました。

コルビジェ展はさすがの展示って感じでした。
森美術館の展示は個人的にすごく充実しているイメージなのですが、
今回も例によってすごい資料の数でした。
テーマに分かれて図面に写真に模型に映像に・・・
そう、図面でしか見たことがない模型が何個もあって、こんな建物だったのかと改めて実感!
やはりサヴォア邸とロンシャンの教会は感激しました。
一生のうちに一回は見に行ってみたいです。
サヴォア邸はCGの映像みたんですけどほんと居心地良さそうでした。
それと都市計画の模型。
アルジェの都市計画、絵でしか見たことがなかったのですがこれは圧巻でした。
まっすぐ綺麗なラインが海岸に沿って、すっ っと流れるように走る。
そのラインが集合住宅みたいになっています。
初めて絵で見た時はこんなのおもしろいけど、お話の中の住宅みたいだなと思っていたのですが、
まさか模型まで作っていたとは!
ただのアイディアというか空想ではなかったのですね
これは大感激しました。

そしてコルビジェ展も良かったんですが今日の一番の大収穫は
ねむの木のこどもたちとまり子美術展。
感動しました。
まり子さんの言葉もまた、とても突き刺さりました。
子供たちの絵のひとつひとつにも。
どれもこれも子供たちが描いたとは思えないような素晴らしい出来なのに、
やっぱり子供たちの感じが良く残ってる。
小さいとき、無心で絵を描いたな、と思い出します。
私も昔はこの子たちと一緒だった
絵ってきっと、いい絵を描こうと思わなくてもいい絵は描けるんだ
改めてそう思いました。
大人になっていろんなプライドがあって純粋に絵が描けないようになってる気がする
けど絵の勉強なんてしなくても、子供たちの絵はとても素敵なものばかりでした。
小さい頃、細かい絵を、ある意味機械的に無心にただひたすら描いた気がします。
花、家、迷路、ただひたすら同じものを描いていました。だんだん余白がなくなっていくのが嬉しくて。少しずつ少しずつ。
今日美術館に行って同じような絵を見つけました。
私は小さい自由帳のノートだったけど、それはとても大きな紙の上に。
絵に純粋さを感じました。同時に自由に表現してもいいんだと再確認。
忘れていた物をまたひとつ思い出せた気がします。

やっぱりたまにこういうのに行くのってすごくいい!
刺激になります
また今度行こう...
グレゴリー・コルベール


グレゴリー・コルベール
ashes and snow


見てきました。
前に駅でポスターを見てから行きたいと思っていたのですが、やっと見に行けました。


限りなく幻想的。
けれども作り物ではない


見る人によっては怖いかもしれないです
以前の私だったら怖くてあまりじっくりみれなかったかもしれないですが、
不思議と今はそんなこともなく、
好みでした。
だんだん趣向が変わってきているのでしょうか。


そしてこの美術館もまた・・・
あってました、作品に。
尊厳さが心地よくでてる気がします。


とてもとてもおすすめです
blossomatbergdora.jpg
  tordooont.jpg


Tord Boontje(トード・ボーンチェ)
オランダ生まれの若手デザイナーの作品です
つい最近彼の作品を知ったんですが、

う、美しすぎる!!

いろいろなラインが繋がって描かれる様は素敵です

感動して思わずブログに書き込んでみてしまいました
ぜひともチェックしてみるべき!!

http://www.tordboontje.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。