上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図書館戦争 図書館戦争
有川 浩 (2006/02)
メディアワークス

この商品の詳細を見る

続けざまですが「図書館戦争」読みました

難しい用語は出てきますが読みやすかったですよ
主人公が直球な女の子です
楽しめました♪

ストーリーは現代から少し先の話の設定
世の中はあらゆるメディアに対して情報を規制されてるようになってます。
それに対抗するのが図書館。
図書館はあるあらゆるメディアの閲覧の自由を掲げてメディア規制勢力に反発
そして両方は武力をもって互いを牽制しあっている。
話の主人公は図書館を守る防衛隊の女の子

っていうと結構難しい話に見えますが、話は直球で読みやすいです。
思い話じゃなくてエンターテイメント的な要素いっぱい。
そして青春小説です。
んで青春小説といえば恋?ってことでところどころにラブが入ってます(あとがきよりw)
コンセプトは月9連ドラ風らしいですww
こんな感じなので構えず読めますよ

軽く読めるのですが、ところどころちょっと勉強になる一言一言があったり。
すこし残念だったのが図書館側からの目線でしか書かれていないんです。
メディア規制側からの目線がないんですね。
かといってめっちゃ悪役側!って感じで書かれていないのはよかったですが、
どうせなら両面の立場から書いてもらいたかったです。

あまり恋愛小説を読まない私なので、恋愛話がちょこちょこ顔を見せると興奮(笑)しちゃって
思わず顔がにやにや...(きもい)
どうやらシリーズものなので次の作品も読んでみたいです。
2007.06.23 / 読んだ本。 / 本・雑誌 / /
Secret

TrackBackURL
→http://dieci10.blog87.fc2.com/tb.php/104-606ebd4d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。