上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール 深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール
沢木 耕太郎 (1994/03)
新潮社

この商品の詳細を見る

読み終わりました。深夜特急、第2弾です。
今回はマレー半島とシンガポールのお話。

しかし今回の話は香港・マカオに比べてそこまでおもしろさが伝わらない。
っていうのも作者がそこまで楽しんでいないからなんです。
どこの国へいってもいまいちぱっとしない。つかめない。
作者自身もなんでだろう?と感じながら進める旅です。

結局結論としては、作者は香港の幻影を他の国に求めていたってことが原因みたいです。
香港とは別の国に来ているのに、香港のあの熱狂的な街を他の国にも探していたんです。
別の国に来ているのだから、それが見つかるはずはない。
その国固有の楽しみを見つけられなかったから、なにか味気なかったんですね。

でも国ごとにぱっと切り替えられるものじゃないですよ、きっと。
実際、前の国が印象的であればあるほど正直難しいと思う。
だから3巻ではまたお国柄が濃いと呼ばれるカルカッタに行くみたいです。
次巻に期待!
2007.07.26 / /
Secret

TrackBackURL
→http://dieci10.blog87.fc2.com/tb.php/122-acc6a432
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。