上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終末のフール 終末のフール
伊坂 幸太郎 (2006/03)
集英社

この商品の詳細を見る


深夜特急から浮気して、伊坂さんの終末のフール読み終わりました。
伊坂流。相変わらずです。雰囲気が変わらない!(良い意味で)
お話が同じとか空気が同じとかじゃなくて、リズムがいいです。相変わらずv

今回は他の本とは全くリンクしてません。
なぜかというと、
「あと3年で世界が消滅するから」

こう書くと世界終末の映画にあるような大層なタイトルに聞こえますが
話はいたって庶民的(?)
地球滅亡まで3年を迎えた仙台で過ごす、いろいろな人のお話。
娘とあったり、サッカーしたり、恋人を見つけたり
普通だけど、世界だけが普通じゃない。
あり得ない話なのに、何気ない日常が少しずつ異常でリアリティック
異常な日常を、すごく身近なところで表現するから
読んだ後、一瞬戸惑う。あれ?あと3年??

私はどっぷり話に浸かるタイプなのでこういうことはたまにある(笑)
魅き込まれるな~伊坂さん♪?♪
2007.08.16 / /
Secret

TrackBackURL
→http://dieci10.blog87.fc2.com/tb.php/137-b8042300
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。