上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グッドナイト&グッドラック 通常版 グッドナイト&グッドラック 通常版
ジョージ・クルーニー、デヴィッド・ストラザーン 他 (2006/11/22)
東北新社

この商品の詳細を見る


見ました~当時は映画館で見ようと思っていたけど結局見れなかった作品。
単純に全編白黒ってとこにまず魅かれてしまいました(^^;)


この題材に興味があるかないかで批評が大きく分かれる話ではあると思います。
個人的にはすごく面白かった。
セリフばっかだし、理解するのも大変。
でも言葉のひとつひとつが重いです。

それと役者と演出がしびれるほど(笑)かっこいい!
これは、渋い。ほんと渋い。
当時アメリカでこれが民衆の心を掴んでいた事実もすごいです。
今やったら何カッコつけてんだっと一笑されそうなくらいキメまくってるし。
(放送中片手にたばこだし)
こういう人がスター的な存在になるんですね。
日本ではなかなかあり得ないことだと思います。


でも、これから対決!?と思った矢先に映画が終わってしまったのが残念。
それまでの対決が見物だっただけに、これからどうなっていくのかが気になりました。
なのに、え!終わり!って感じで。もうちょっと見たかったです。
でも90分映画は小気味よくていいですが。

それとアメリカの一般常識(?)がないとちょっとわかりにくいかな~とも思った。
アメリカの報道関係が国の中でどういう位置にいるのか。
番組が火曜から日曜に移されるというのは、5回とはどういうことなのか。
当時クイズ番組が流行っていたという時代背景。
なんとなく日本の常識に当てはめて考えることはできるけど、
ちょっとついていくまでにワンテンポ遅れます。
私の知識不足というのは確実にありますが(^^;)
もう少し理解できたらもっと緊張感があって刺激的だったろうな~と思います。


もう一度ちゃんと見返したい作品です。
2007.08.19 / 映画 /
Secret

TrackBackURL
→http://dieci10.blog87.fc2.com/tb.php/139-72301292
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。