上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巷説百物語 (角川文庫) 巷説百物語 (角川文庫)
京極 夏彦 (2003/06)
角川書店

この商品の詳細を見る


京極夏彦さんの巷説百物語です。
京極堂シリーズからちょっと脱線してこちらのシリーズへ。

京極さん炸裂ですね!
おどろおどろしい感じ、けど現実的。
彼の妖怪に対する考えが一貫していてなんか安心して読めます。

話の内容は悪党3人、戯作者志望の青年1人、
彼らが一筋縄でいかない事件を金で請け負い妖怪になぞらえ解決するお話。短編集です。
二つのシリーズは似ているようで全然似てないです。
使っている題材、妖怪、事件、奇妙な原因、人間関係などは同じなんですが、
京極堂シリーズは事件を解体して解決していく、
巷説シリーズは事件をさらに霧をかけて訳をわからなくして解決する。ってかんじでしょうか。
でも両方とも単純に事件の真相を暴いておしまい。っていうんじゃなくて、
事件を上手く丸める感じですね。
なので真相は二の次です。当事者たちにとっての解決をするわけです。
巷説はややこしい依頼が多いからなおさらですね。
原因が現実離れしてなんでもあり?って感じもするかもしれないけど
これは怪談話。全然ありだと思います。

それと一番驚いたのは「嗤う伊右衛門」と繋がっていたこと!!!
又市出てるじゃないの!そういえば又市っぽい御行いたよいた!
ってことで家にある文庫本ひっくり返して見返したらちゃんといました。
あれは全く独立している話と思っていたのでものすごく驚きでした。
しかも登場人物がでてくるだけじゃなくて話が繋がっているんですね。
話の流れは 巷説百物語の最初の方→嗤う伊右衛門→巷説百物語/帷子辻だと思います。
しかしどうして又市をだしてきたんだろう。その真意が知り た い!
お気に入りだったのかな。なんか嗤う伊右衛門は作品として独立していた気がするので
ちょっと違和感のような嬉しいような...

何はともあれ次の話が気になります(^^)
2007.09.10 / /
Secret

TrackBackURL
→http://dieci10.blog87.fc2.com/tb.php/148-1fd17f3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。