上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
推理小説 (河出文庫) 推理小説 (河出文庫)
秦 建日子 (2005/12/21)
河出書房新社

この商品の詳細を見る


ドラマを見てて読みたくなって読みました。
アンフェア原作「推理小説」です。

てっきりドラマと同じかと思っていたら、
予告殺人のところまでの話だったんですね。
セリフとかはほぼ同じ。けどそれぞれの視点で書かれているので
何を思っていたのかこちらの方がわかりやすい。
ただ最初シナリオライターだってこともあってかト書きっぽく感じました。

ドラマとどうしても比較しがちですが、私はこっちの作品も結構好きです。
セリフがちゃんと蜜に計画されてるな~って印象がまず。
この原作はドラマでいう3、4話くらいまでのお話ですが、
今考えると、展開とかじゃなくて、セリフがきちんと練られて最後に繋がって
いるように感じます。
その先の安藤の話も面白いんですが、若干やりすぎ、突飛過ぎなイメージも
持っていたので。ここまでは原作があるから綺麗にまとまりますよね。

それとこの作品はどうやら(文章、解説ともに)推理小説というもの自体への疑問、挑戦、
テレビ、出版に対する批判的な意見も含んでいる様です。
勝手な推測ですが、ドラマでは出版に対する戦略に対する批判がかなり大きくでていたにも
関わらず、原作にあるテレビの利益重視な批判はあまりなかったのが
お!?って感じでしたね。これはやっぱりあまり扱いたくなかったのかな。

ちょっともの足りないとかそういう話も聞くけど、全てにおいてアンフェアを貫いた姿勢は
統一されてて良かったんじゃないかと思います。
もうちょっと自分がミステリとかそういったジャンルに詳しければよかったな~とも
思わせる作品でした。そうすればもう少しわかった上で読めたかも。
こっちのジャンルもおもしろそう・・・うん・・・
2007.10.17 / /
Secret

TrackBackURL
→http://dieci10.blog87.fc2.com/tb.php/163-b4d43fed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。