上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション
ブルーノ・ガンツ、アレクサンドラ・マリア・ララ 他 (2006/11/10)
日活

この商品の詳細を見る


昨日BSでやってました。
前から気になっていたので録画してさっき見終わりました。

ドイツが制作した映画なんだそうです。

感想は
痛々しかったです。
特にヒトラーが。
あの大戦を起こしたのも一人の人間だった。といった感じなのでしょうか。

ヒトラー役のブルーノ・ガンツも最高にすごかった
手の震え、表情、すごかったと思います。

ヒトラーという人物を人間的に描いた事で賛否両論あったみたいです。
映画では冷酷無比なところと、優しいところ、両面が写されてました。
ユダヤ人や最期は国民までに対する何とも残酷な判断を下すヒトラー
女性に逃げなさいというヒトラー、愛犬が死んだときに悲しむヒトラー。
そして彼を指示する人たち。
こんな人間ドラマのようなことが起きているとは思いませんでした。
こんなに慕われているとは思わなかった。
しかも結構みんな意見するんですよね。ヒトラーに対して。
独裁政権ってもっと完璧にヒトラーが上で一言言うのも命がけ
みたいなちょっとありえないイメージがついていて、違うんだ。と。
それと芸術や近代の都市計画を構想していたことも感慨深かった。
都市の発展を、先の未来を思い描いていたんですね。

いろいろ思うところはあるけど、最期に実際に秘書をやっていた、
慕っていた女性がでてきてこういいます。
知らなかったとか、若かったとか、言い訳にならない。
 「目を見開いていれば、気づけたはずだと」


私はドイツのこの時代はどうしても怖くてまだ直視することができません。
小さい頃にみたユダヤ人収容所の重ねられた死体。
あまりに衝撃的である意味トラウマでしょうか。
でもいつかちゃんと向き合いたいと思うのです。
2007.10.21 / 映画 /
Secret

TrackBackURL
→http://dieci10.blog87.fc2.com/tb.php/166-ee81f5fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。