上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション
トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス 他 (2006/04/21)
パラマウント ジャパン

この商品の詳細を見る


昨日やっていましたね。結構CMでバンバンやっていたので見てみる事に。

話自体は、うーん。つまらなくなかったけど特別面白くもなく。って感じでしょうか。
セリフとラストが噛んでたりとかしてたけど、それがちょっとやりすぎな気も。
気になったのは映像と音楽。結構好みでした。
映像はスタイリッシュというかクールというか。
夜の話っていうのもあり、全体的にグリーンというかブルーがかっていて
格好よかったです。
そして音楽はこれまたなんか好みでした。かっこいい感じの。
途中でジャズも流れたかな?選曲がとにかく好みでした。

あとは内容なんですが、悪役トムクルーズと主役のジェイミー・フォックスの掛け合いが
一番の見物なんでしょうね。
トムクルーズの役は冷酷な殺し屋なんですが、ただ単純に冷酷な感じじゃないように狙ったのかな?
私のイメージは、感情をどこかに忘れてきちゃった感じです。
それを気づいてない。だから時々戸惑う。
一方ジェイミー・フォックスは善人な役なんですが
単なる「善人で悪人を倒す」って感じじゃなくて、
トムクルーズに対してなにかを感じでいて、
こう書くのも変な感じですが、今までより一歩行動的になれたような。。。
トムクルーズに対してものすごく反発していくのですが、どこか魅かれているような。
彼はたびたびトムクルーズの言葉を使って事をやりすごすんですよね。
私的にはまるで自分に言い聞かせているように受け取れる場面がありました。

立て続けに映画を見たけど、全然違うタイプだなぁ
節操無い(笑)
2007.10.22 / 映画 /
Secret

TrackBackURL
→http://dieci10.blog87.fc2.com/tb.php/167-fefd3b96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。