上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
というタイトルのもとまずはフランスはシャルル・ド・ゴール空港。
なんだかんだと延ばしてると日記書かなくなりそうだから書いちゃおうって雰囲気で書きます。
IMG_0048.jpg
Paul Andreuさんの設計でいかにも建築って感じ(?)の空港でした。
円形でできてるんですね~

しかしこの空港、広い広い!
乗り換え迷わずに行けたことが不思議なくらい長いしターミナルたくさんですよ。
というか道順っていうよりも、この空港、不思議なことに
一旦外に出ちゃうんですよ。乗り換えなのに。
まぁ入国手続きはしたけどさ、知らないうちに空港の外に出てるってどうなの!??


ちなみにヨーロッパのだいたいの国はシュンゲン協定というのを結んでいて
その協定内ではパスポートの提示なく移動出来ます。
なのでイタリアでの入国手続きはなし。
だから私のパスポートには今回イタリアのハンコがないんです。
パスポートだけ見たらフランスしか行ってない感じ。


IMG_0055.jpg

そしてイタリアにはこんな小さなジェットで出発!
階段の段の少なさを見ていただければ想像してもらえるハズ。

14時間は乗ってたんじゃないでしょうか。
飛行機待ってる時間もいれたら20時間近い長旅でした。
しかし今回面白かったのが、エールフランスを使ったということ!
パリジャン、パリジェンヌ達がたくさん乗っていて、
なんといっても彼ら、飛行機をまるで我が家のように使い始めるんですよ!
(って言ったら大げさだけど)
帰りの飛行機もそうだったんですが、
自由に動き回るしばっちり着替えるし、空いてるスペースで井戸端会議始めるし(笑)
苦手な人は嫌がるかもしれないけど、日本人では絶対やらない飛行機の使い方?で
私は結構面白く眺めてました。まぁうるさいっちゃうるさいんですけどね(笑)
面白い体験でした。

そんなこんなでイタリアに夜9時に到着。
アパートまで運んでくれる人がロビーで待っててくれました。
が。
彼はまっっったく英語が話せず。
そして勉強してかなかった私は伊語が全く話せず。
自己紹介もままならず正直びびりました。こんなにも通じないものなのか!
しかもアパートにはよくわからないままに男の子達にバタバタと案内され、
同じアパートをシェアするはずの子は夜にも関わらずいなくて
結局この日は同室の子は帰らず一人で何もわからず夜を過ごすことに。
初めてのイタリアそして初めてのヨーロッパは不安なままのバタバタ到着でした。
2008.09.17 / 旅行 /
Secret

TrackBackURL
→http://dieci10.blog87.fc2.com/tb.php/269-395f2ae5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。