上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)
(2007/11)
畠中 恵

商品詳細を見る

続けざま投稿
しゃばけシリーズ第4弾おまけのこ読了です。

「こわい」の話が印象的でした。
こういう存在は怖いですね。
深読みしてなにかの喩えとして考えてしまうとぐっと重たくなります。
深読みなんかせずとも楽しめる話とは思いますが、
相変わらず「なにか」大切なことが散りばめられているという素敵な感じは健在です。
一太郎の子供の頃の話は5歳と今の書き分けがどうもな~って感じでした。
いままでで一番さらっと読めます。
でもその分、しゃばけシリーズの中では深い印象というのはなかったですね。
やはり長編を書いてほしい!!
と思った作品でした。
と、それ以上に、またドラマやってくれないかな~
2008.10.16 / /
Secret

TrackBackURL
→http://dieci10.blog87.fc2.com/tb.php/281-dfa77dde
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。