上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
覘き小平次 (角川文庫)覘き小平次 (角川文庫)
(2008/06/25)
京極 夏彦

商品詳細を見る

京極作品が衝動的に読みたくなって借りました。
やっぱりいいよ。嵌ると危険な薫りがぷんぷんしますが。その際どい感じがいい。
それと又市が咬んでるってことで楽しみにしてました。

私は小幡小平次の怪談を知らなかったのですが、
四谷怪談と同じくらい有名なのでしょうか?
嗤う伊右衛門と覘き小平次、両方京極堂テイストになっていて実に面白いですよね。
この物語の中で一番わからなかったのが小平次ではなくお塚でした。
彼女の行動が最後まで不思議だった。
だから二人の関係もひどくわからなかった。
けどわからないから、それは一層怪談めいていて、余韻が残る終わり方だった。
そして感じたのは、あれだけ(ある意味)気持ち悪い話なのに、書かれている内容は
至極恋愛小説な気がしてなりません。それもまた面白い。
それと‘あるがまま’というのはこういう解釈もあるんですねぇ
気になっていた又市はほとんど姿を見せず、(嗤う伊右衛門のようなイメージでした)
それよりも巷説百物語の事触れの治平の方が出てました。
(でもその演出がまたにくかったw)
なにげに巷説百物語は登場人物の過去をきちんと書いているので、
彼の今に至る経緯、そして変化も入り込んで読むことができました。

彼の作品というのは常に淡々と書かれているところが好きです。
これだけ深く人間の業について書かれているのに。
自分も含めて人は人として生を受けたからそこからはどうしたって外れることができない。
そうした者が創りだすものというのはやはりどうしたって偏りがでます。
けど、彼の作品は人と他をイコールで繋げているような印象があるんです。
そのせいなのか、この不気味さと、正確さ。論理的で客観的。
うーんやっぱり面白い。次は何を読もうか・・・
2008.12.07 / /
Secret

TrackBackURL
→http://dieci10.blog87.fc2.com/tb.php/303-cf6ffedb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。