上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
砂漠 砂漠
伊坂 幸太郎 (2005/12/10)
実業之日本社

この商品の詳細を見る

読み終わりました!大好きな伊坂幸太郎さんの「砂漠」です

私的にはちょっといつもと違うな。という印象
伊坂さんの割にはアップダウンというか盛り上がりがあまりなくて平坦な印象を持ちました。
もちろん伊坂さん独特のタッチやリズムのある文章はあるんですけど
学生生活を春夏秋冬の季節で綴っているからかもしれませんが少し物足りなかったかな
というのも素直な感想です。
でも相変わらずキャラは濃かった
西島のキャラがすごくおもしろくてよかったです。
私の中で、こういうキャラってなにか禁句?な感じがしてたんです。
思いっきり批判するし、熱いけど奇麗ごとばかりでもなく・・・
あり得ないキャラなのかもしれないけどいるかもしれないような・・・
言葉ではよく言い表すことが出来ないけど伊坂さんがこのキャラを書いたことがすごくおもしろかった
読んでる最中、西島はこれについてなんて答えるんだろうって興味が湧きました
自分の想像がつかないような人物と小説の中であっても対面できるなんてやっぱりおもしろいです。

あと伊坂さんの小説はいつも興味が魅かれるキーワードがあります。
今回はサン=テグジュペリの「人間の土地」
前回は宮沢賢治の詩集
陽気なギャング~とかは響野のアヴェマリアが気になりました(^^)
今度読んでみようかななんて思います
2007.02.20 / 読んだ本。 / 本・雑誌 / /
Secret

TrackBackURL
→http://dieci10.blog87.fc2.com/tb.php/38-e59cc9ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。