上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文庫版 陰摩羅鬼の瑕 文庫版 陰摩羅鬼の瑕
京極 夏彦 (2006/09/16)
講談社
この商品の詳細を見る


少し前に読み終わっていたのですが書かずじまいでした。
今回もまた、分厚かったです(笑)

ミステリとしては一番早く答えに辿り着きましたね
たくさん附箋があったからかな。
他の作品よりシンプルだったっていうのもあるかも。
たぶん関口と同じようなスピードで真相に至ったような感じです。
なんとなくわかるけど、まとめられないような感じで読み進めてました。
でもわかった上で読むと、なんて悲しいことか!
これを主に伝えなければ行けない京極堂は本当につらいでしょう。
今までの全てを否定して根っこから崩さなければいけないのだから。
しかもそこに悪意はまったくないんです。いやむしろ善意しかない。
それを否定しなければいけないのだから。
でも彼はこれが仕事なんですね。容赦はないです。変にあってはいけないのでしょうが。
そりゃあまり普段語ろうとしないですわ(^^;)

京極堂シリーズではおもしろいとは思いつつも、事件自体が特殊すぎて
あまり悲しい事件、とか切ない事件、みたいな気持ちにはあまりならなかったんですが、
今回は本当に悲しい事件だなと思いました。
そこが今回は一番新鮮だったかも。

次は百鬼夜行ー陰です
というか私順番間違ってますね??
百鬼夜行と百器徒然袋ー雨が先かな?
順番ひっくり返ってました(^^;)
(ちなみに私は著者が書いた順に読む派です)
2007.06.10 / 読んだ本。 / 本・雑誌 / /
Secret

TrackBackURL
→http://dieci10.blog87.fc2.com/tb.php/97-b5a16b9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。